大学生活

大学のサークルは入れるだけ入っといて損はない5つの理由

サークルどれにしようか迷ったら全部入れ。

高校を卒業して大学に入学

周りは知らない人ばっかりで、新しい友達ができるか不安。

でも安心してください。大学にはサークルという素敵な制度があります。

良くも悪くもあなたの大学生活を左右します。

そのサークルもうまく活用するためにはスタートが肝心。

うまく活用するためにまずはいろんなサークルに手を出しましょう。


サークルに入るメリット

・友達がすぐできる

大学生の特権といっても過言ではありません。

いままでとは違い、制服をしっかり着こなさなくて良い。

大学生になるとみんなフランクに話してくれます。

中学、高校の時のようなはじめの方の堅苦しい雰囲気もありません。

しかも先輩たちのコミュ力が半端じゃなないです。ビビりました。

大学生になるとこんなにちがうの!?!驚きます。

心配しないでサークルの体験に行ってみてください。

 

さらに大学生は全国各地から集まってきます。

いろんな地方で初めての友達はとても新鮮です。

特に女子が話す方言がたまらない。

最初の頃はいろんな人と広く付き合いましょう。


・参加自由

これも良いですね。

ガチなサークルになると話は変わりますが、基本的に参加自由。

遅刻欠席の連絡なんて送らなくて大丈夫です。

ゆるーい雰囲気なので行きたいときにだけ参加しましょう。

でも人数が多いサークルであまりにもいかないと名前を忘れられていることもあるので注意。


・いつでも辞められる

とりあえず入会したけどなんか合わないな…

そう感じたらすぐ辞めれば良い。

辞めたらあの先輩から変な目で見られるかも…

とかは気にしなくて大丈夫です。

誰もあなたのことを気にしていません。それくらい大学生の人数は多いです。

また戻りたくなるかもしれないので幽霊部員でも良いですね。

*入会が決まると急にお酒を飲むようになるってこともあります。

雰囲気が合わないと感じたらそこの人たちとは距離をおきましょう。


・飲食代を払わなくて良い

これは新刊期限定かもしれません。

*新歓=新入生歓迎会

基本どのサークルも4月から5月は新歓期です

この期間にどれだけのサークルを回れるかがカギになってきます。

サークル自体に興味がなくても、夜飯のお金だけ浮かすこともできます。

また新歓期が終わっても優しい先輩は基本的に奢ってくれたりします。

若さが故の特権なので有効活用してみてください。


・サークルの種類が豊富

早稲田大学の無人島研究会です。笑

面白そうで新歓にも参加しました。

他大学にも野宿研究会スマブラ研究会いちご大福研究会など変なサークルも充実しています。

さらにインカレといって、他大学のサークルにも参加できるものもあります。

本当に大学生は自由だなぁと思います。


おわりに

僕は4月からアルバイトを始めてしまったのでほとんど新歓に参加できませんでした。

大学1年生ならではの特権をどんどん活用していってください。

では充実した大学生活を!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA