free hug をして気づいた。初対面の人と打ち解ける、たった1つのコツ。



こんにちは、いざわです。

 

早速ですが、みなさん「free hug」 って知ってますか?


フリー・ハグズとは街頭で見知らぬ人々とハグ (抱擁) をして、素晴らしい何か(愛・平和・温もりなど)を生み出す活動である。

引用:Wikipedia

 

会ったことのない人とハグをして、❤️❤️を生み出す活動です。

 

すてき。

 

今回は、実際に「free hug」をしてみて気づいたことが1つあります。

 

その気づきは、「free hug」だけではなく、あらゆる人間関係において大切だな〜。と気づいたので、

 

これを読んでるみなさんにお伝えしようと思います。

 


1・準備

必要なもの

1・ダンボール

2・極太マッキー

これだけです。

あとは、ダンボールにでっっっかく、

FREE HUG

と、書く。これで準備はおわり。


2・いざ、実践

「よっしゃ、開始だ!」

とにかく、ハグをしまくりました。

現地の人。

 

お店の店員さん。

ヨーロッパ系のかわいいお姉さん。

クセの強いおじさん。

 

いろーーんな国のひととハグしました。

 

国籍性別年齢、問わず。

たまたま出会った日本人ともしました。そしたら同じ早稲田大学でした!世界って狭いのか。

(当時、東進ハイスクールでバイトをしていて、先輩から外国で広めてこい!と言われたのでこれを持っています。)


3・感想

めっちゃ楽しい。笑

ハグって、不思議だなぁ〜って思いました。

自然と、「する方」「される方」も勝手に笑顔になっちゃうんですよね。

もし、全世界共通の法律で

 

「1時間に1回、隣のひととハグ条例」

っていうのが公布されて、それが施行されたら、世界から戦争とか争いが消えちゃうかもしれないですね。笑

 

それくらいハグをするとハッピーになれちゃうんです。

 

でも、なかなか成功できない友達がいました。

なんで成功できないっていうと、

 

理由は簡単で

「恥ずかしがっているから」

結局その友達は自分の殻を破って、なんとかハグをできるようになりました。

 

で、それを見て、気づいたことがありました。


4・まとめ

「free hug」だけではなく、初対面の人とうまく打ち解けるためには、

自分から心を開かなければ、相手は心を開いてくれない。

ということなんですね。

 

当たり前のことかもしれませんが、このことを「free hug」を通じて学ぶことができました。

 

ハグという文化がない国で、いきなりハグをしだしても、

「ハグする方」が恥ずかしがってたら、そりゃ相手から、

「なんだコイツ」っていう目で見られちゃいますよね。

 

 

ということで、これから女性と話しをするときは、自分に自信を持ち、しっかり相手の目を見る

意識していこう。

おわり。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA