オピニオン

【方法】漁師に聞いた!船酔いを予防するために、薬(アネロン)を飲むタイミング

こんにちは!

釣りは大好きだけど船で酔う!イザワマサキです!

今回の記事は

酔人
釣りは好きなんだけど、酔っちゃいそうで怖い…
酔人
友達との旅行で、船に乗らなくちゃいけなくなった…
酔人
うっ…。
だんだん気持ち悪くなって……。
酔人
うげぇ~~~~~~~~~~~

と、なってしまう人のための記事です。

船酔いを予防する方法として

  • よく寝る
  • 酔い止めを飲む
  • 船に乗ることを諦める

他にも様々な解決策がありますが、今回は釣り歴約40年のおっちゃんに「船酔いを予防するために、薬(アネロン)を飲むタイミング」を聞いてきたのでまとめます。

*アネロンは酔い止めです。

⬇️まず、結論だけ

船酔い予防➡️酔い止めは、寝る直前と乗船30分前に飲め!

はい!

結論。これが解決策です!!

とりあえず、方法だけ知りたかったという方は以上です。

つまり、寝る直前と、乗船30分前に薬を服用すれば対策はバッチリ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。(`_´)ゞ

いざわ
船上で酔わず、釣果がでることを祈ります!

*実践して失敗しても一切責任は取りません。

ここから下は、他の酔い止め予防方法も書いていきます。

船酔い予防➡️乗船したら中心部へ

まず、酔わないためには船上の中心部に行きましょう。

中心部は揺れが、船頭にくらべて揺れが少ない。

そもそも船酔いしてしまう原因は…

船酔い、乗り物酔い原因1:平衡感覚バランスの乱れ
体の平衡感覚は、内耳の三半規管で調整されて「今平衡だな」と無意識のうちに調整されています。
しかし、車、電車、船等々の乗り物による過度の揺れやスピードの変化、船の場合波などによって、この情報が限界を超えた異常な刺激として脳に伝えられると、自律神経(副交感神経系)の働きが乱れて乗り物酔い、船酔いを発生させます。

引用:http://funayoi.fisher.link/funayoi.html

つまり、脳の三半規管に伝わる揺れを最小限にするべきです。

なので、船酔いしやすい人は船に乗ったら、中心部の揺れが少ないところを確保しましょう。

船酔い予防➡️気を紛らわせ

酔いたい人なんていないと思いますが、酔いたくない人はとにかく気を紛らわせましょう。

酔人
わしたは、船に乗っていない…
酔人
ただ、友達と話しているだけだ…

ぼくが実際にやった方法としては

  • 歌う
  • 友達と話す
  • 遠くをみる
  • 釣が始まったら、釣に集中

友達と話すときは、水面が見えて気持ち悪くなりそうだったので、遠くをみながら1人で歌うのが良いと思います!

SPONSORED LINK


船酔い予防➡️自分に酔え

いざわ
決して、うまいことを言おうとしてるわけではありません。笑

小手先だけのテクニックかもしれませんが、大切。

この中で1番実践すべきことは「酔わない」と思い込むことですね。

病は気から。

いざわ
大丈夫、きっと大丈夫
いざわ
酔ったことなんてない…
いざわ
酔ってたまるものか…!!

自分い酔いましょう。

TED-Ed『The mystery of motion sickness』

船酔いについてのMovie(英語なので字幕を付けて)

最後にまとめ

この記事をまとめます。

1・酔い止めを、寝る前と乗船30分前に飲む

2・気を紛らわせる

3・自分に酔う

そして、漁師さんから教わったのが1番。

➡️酔い止めの薬(アネロン)を、寝る前と乗船30分前に飲む。

おそらく、1日前に薬を服用することで、薬の効き目を最大限に発揮させようとしているんだと思います。

今回、ぼくも船に3時間ほど乗船して釣りをしていましたが、酔うこともなく無事に過ごせました。

船酔に不安がある方、ぜひお試しあれ!

いざわ
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!