ブログの運営報告

ブログを毎日書くことによる効用【頑張って更新中】



今日はなぜか夢を見ました。

どんな夢かというと、数年前に通っていた高校の全校生徒の前で歌を歌わされ、音痴だったため音楽の先生に怒られる。

その先生から「練習しろ」と言われたため、友達を誘ってカラオケに行く夢を見ました。

嫌な夢でした。

おはようございます、イザワです。

今日のテーマ

今日は、最近時間があるで毎日更新しているブログについて。

ブログの何が良いのか?

ということです。

だいぶ前の記事でも同じようなことを書いたかもしれませんが、意見が変わっているかもしれないので書いておきます。

それでは見ていきましょう。

ブログを毎日書くことによる効用

ブログを書くと何が良いのか、、、

結論、いろいろある

1つだけではありません。

ブログをやっていて良かったな〜と思うことは色々あります。

  • たくさんの人に見られて嬉しい
  • お小遣い程度ならお金が稼げる
  • 読んだ人の人生をちょっと変えられる(2人経験あり)

などなど。

とはいえその中でも、最近改めてブログを毎日更新するようになり、ブログをやっていて良かったと思うことは別です。

では、一体なんなのか。

一番はアンテナを張るようになったこと

これです。

アンテナを張るとは、、、「ブログを毎日更新すると決めているため、日常の生活でも、本や映画を見たときでも、何かブログに書けそうなネタはないか?」と考えるようになることです。

それの何が良いのか。

例えば本を読むときが一番わかりやすいです。

僕は1ヶ月に一冊〜二冊くらい本を読みます。

ただ、読んだ本も2ヶ月経てば本の内容を10割、完璧に忘れてしまいます。

何が書いてあったのか覚えていません。

ただ、本で読んだこと、印象に残ったことや覚えておきたいこと、はたまた本の感想でも、ブログに書いておくと少し忘れにくくなります。

僕は高校生のとき、東進ハイスクールという予備校に通っていました。

その時の英語の先生も、「知識というのは、人に伝えられるようになって初めて定着する」と仰っていました。

つまり、学校や塾で勉強しても、月日が経つにつれて忘れていきます。

でもその勉強したことをアウトプットする(テストや人に伝える)ことで、忘れにくくなるということ。

それがブログでできるんです。

当時はまったく理解していなかったですが、今になって少しわかったような気がします。

「出口」があるから「入り口」が変わる

どういうことか。

僕は「ブログを毎日更新したい」と思っているので、毎日ブログのネタになるようなことを探しています。

これが出口(学んだことをブログを通じて外に吐き出す)です。

出口が決まっているので、何か取り込まないといけません(入り口)。

この入り口はなんでも良くて、映画でも本でも、人と話したことでも。昨日は病院の先生とのやりとりをブログにしました。

出口(ブログに投稿する)があると、本を読むときも少しだけ意識が変わります。

僕は記憶力がそんなに良くないのですが、自分が知りたい知識があって本を読むときも、読んだだけだとすぐに忘れてしまう。

けど、出口(ブログに投稿する)のためにネタを探しているので、ちょっとだけ記憶に定着しやすくなるんです。

気分だけかもしれないけど

というわけで、今日はブログについての話でした。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

またね



 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA