【注意】全身に悪影響を及ぼす「口呼吸」。朝起きたとき、口が開いている人は要チェック。



就寝するときは口が閉じているのに、朝起きると口が勝手に開いている。

そんな経験はありませんか?

意外と日常的に口呼吸をしている人は多い。

今回、口呼吸が原因で全身に悪影響を及ぼすということを知ったので記事を書きました。

口呼吸とは

人間は鼻からの呼吸が基本形式で口で息をすることは補助的な役割を果たします。

赤ちゃんがおっぱいを吸うときを見ればわかるように、本来口ではなく鼻で息をしています。

今すぐチェックしよう

自分が普段、口で呼吸をしているのか鼻でしているのかを超簡単に調べる方法があります。

それは今この瞬間、

あなたの舌先はどこにありますか?

上の前歯の裏側であれば問題ありません。

舌が浮いていたり、舌の前歯に触れている場合は口呼吸をしてる可能性があります。

体に及ぼす悪影響

では、いったい体に及ぼす悪影響とはいったいなんなのか書いていきます。

1・虫歯や歯周病になりやすい

口呼吸だと常に口が乾燥する状態です。

口の中が乾いてしまうと、口内の天然ミネラルである唾液の機能が上手に果たせていません。

食べかすがつき、ばい菌も洗い流せません。

そのため虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。

2・風邪にかかりやすい

口呼吸は、直接外の空気が体内に流入するので風邪やインフルエンザにかかりやすいです。

気管や肺に直接届くからです。

鼻呼吸の場合は、鼻毛という素敵なガード役がいます。

普段は邪魔な存在ですが、体を守るためにしっかり機能してくれているんですね。笑

3・アホ面に見える

シンプルに嫌ですね。

4・睡眠時間無呼吸症候群になりやすい

睡眠時に口で呼吸していると、口で呼吸しやすいように舌が後方にあります。

そのため、舌が気管を塞いでしまい睡眠時無呼吸症候群になります。

無呼吸症候群になると・・

・体の心拍数があがる

・脳や体に負担がかかる

・倦怠感や眠気を引き起こす

・日々の、集中力低下

様々な悪影響があります。

詳しくは、睡眠時無呼吸症候群とは、主な症状

こちらを参考にしてください。

5・口が臭くなる

唾液には殺菌作用があります。

そして口臭の原因は口の中の細菌。

口呼吸によって唾液量が減ると細菌の量が増えて口臭が強くなります。

予防と対策

1・多少苦しくても鼻呼吸

鼻呼吸が多少出来るようなら、無理してでも鼻呼吸を行った方が良いです。

始めは鼻呼吸の割合が10%程度でも意識して行なうとその割合は増えていきます。

2・唇にテープを貼る

鼻呼吸テープというものがあります。

唇につけて、鼻で息をするように改善するものです。

起きるといつも口が開いてしまう人にはオススメ。

3・点鼻薬を使う

もしかしたら鼻ずまりかもしれない。

そう思ったら点鼻薬を買うのがいいです。

これは本当にオススメ。

鼻に1、2プッシュするだけで一気に鼻の通りが良くなります。

鼻ずまりで苦しんでいる人はぜひ買うべき。

4・耳鼻科に行く

鼻で呼吸ができないレベルのときは耳鼻科に行きましょう。

点鼻薬を使用しても、鼻の通りが良くならない場合はかなり酷いケースだと思います。

症状がさらに悪化しないように早めに病院に行きましょう。

まとめ

今回、口呼吸でここまで全身の健康に害があると知って驚きました。

日常の些細なことです。

でもこれから風邪やインフルエンザになりやすいシーズンになります。

風邪をひいて無駄な時間を過ごさないように僕も気をつけます。

それでは!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA