広告運用

Google広告とYahoo!広告の違いは?【リスティング広告】

Yahoo!広告とGoogle広告があるのはわかったけど…それぞれの特徴、違いが何かよくわからないので教えて欲しい。

こういった疑問に回答していきます。

  1. 前提:リスティング広告の全体像
  2. Google広告の特徴について
  3. Yahoo!広告の特徴について
  4. Google、Yahoo!の違い

それでは見ていきましょう。

前提:リスティング広告の全体像

まず、リスティング広告の全体像について。

2種類のリスティング広告

リスティング広告には2つあります.
それぞれ何かと言うと、、、

  • その1:検索連動型広告(検索した時に出てくる)
  • その2:ディスプレイ広告(記事を読んでる時に出てくる画像)

です。
下記の画像を参照ください。

引用:検索連動型広告とは│リスティングとの違いと低リスクのはじめ方

Google広告の特徴について

まずは、Googleの「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告」について。

Google検索連動型広告について

覚え方は簡単です.

Googleで検索した時に、【広告】という文字が入ったものが表示されますが、そちらがGoogleの検索連動型広告。

ディズプレイも同じように、、、

Googleディスプレイ広告について

Google何か検索をして記事を読んでいる時に出てくるのが、Googleディスプレイ広告です。

Googleのディスプレイ広告のことを、「GDN」と呼びます。※Googleディスプレイネットワークの略

その他

Googleには検索型広告とディスプレイ広告(GDN)の他にも何種類か広告がありますが、一旦、こちらの2つを覚えておきましょう。

Yahoo!広告の特徴について

ほぼ、Googleの広告と同じです。

Yahoo!検索連動型広告について

Yahoo!で何かを検索した時に、【広告】と入ったものが表示されたら、それはYahoo!の検索連動型広告です。

Yahoo!ディスプレイ広告について

Yahoo!で調べ物をしている時に出てくる広告が、Yahoo!のディスプレイ広告です。

Yahoo!のディスプレイ広告のことを、「YDN」と呼びます。※Yahoo!ディスプレイネットワークの略

それぞれ(GoogleとYahoo!)の違いについて

ほぼ同じ機能に見える、Google広告とYahoo!広告。

Googleにも「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告(GDN)」があり、Yahoo!にも「検索連動型広告」と「ディスプレイ広告(YDN)」があります。

では、いったい両者の何が違うのか.
それぞれまとめていきます。

Google広告、Yahoo!広告の違いは?

まとめると下記の通り.

  • その1:ユーザー層
  • その2:掲載先が違う(契約しているところが違う)
  • その3:広告表示オプション
  • その4:ターゲティング
  • その5:審査スピード
  • その6:バナーサイズ
  • その7:運用方法、管理画面が違う(Googleが使いやすい)

その1:ユーザー層

ユーザー層
Google スマホユーザー、かつ若い世代が多い傾向
Yahoo! PCユーザー、かつ40〜60代が多い傾向

GoogleやYahoo!の公式サイトから出ているわけではありませんでしたが、調べると上記のような傾向があるようでした。

その2:掲載先が違う(契約しているところが違う)

例えばYahoo!だと、、、

引用:Yahoo!広告

食べログや朝日新聞、

引用:Yahoo!広告

上記のようなメディアやアプリに広告を出すことができます。一方Googleでは、YouTubeやAbema、ニコニコ動画に広告を配信することが可能。

その3:広告表示オプション

下の画像の□で囲っているすべてが「広告表示オプション」です。

引用:Google 広告、広告表示オプションでクリック率15%アップ!

広告表示オプション(補足情報)を出せるものが、GoogleとYahoo!で異なります。例えば、下に画像に住所が記載されていますが、Yahoo!で住所は出せません。

上記がGoogleとYahoo!の表示オプションの違い一覧になります。

その4:ターゲティング

上の表を簡単にでも見ておいてください。

その5:審査スピード

  • Google:1営業日以内
  • Yahoo!:3営業日以内

その6:バナーサイズ

ディスプレイ広告で出せる画像の大きさが、GoogleとYahoo!によって違います。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください>>>【2021年最新】Google/Yahoo!ディスプレイ広告のバナーサイズ一覧

その7:運用方法、管理画面が違う(Googleが使いやすい)

実際に使ってみると違いがわかります。僕が主に担当しているのはYahoo!ですが、Googleの管理画面を触ってみたことがあります。

ほんのわずかな時間だけでしたが、やはりGoogleの管理画面の方が使いやすい。

  • デザイン性
  • 直感的な操作のし易さ

明確に違いを挙げるの難しいですが、上記の2点かなぁと思っています。

最後に

一回で完璧に頭に入る方は少ないと思います。

数回、ゆっくり読んでいただければ理解していただけるはずです。

とはいえGoogle広告とYahoo!広告の違いを100%しっかり理解していただくのではなく、頭の片隅に入れておく程度で良いと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事:リスティング広告って何?中学生にもわかるように解説【メリット・デメリットも】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA