【自由席】北陸新幹線のはくたかはwi-fi・電源付きで快適でした【黒部宇奈月温泉から上野まで】



こんにちは、2019年のゴールデンウィークは富山に帰省していたイザワです。

実家が富山県で、東京へ向かう帰りの北陸新幹線(はくたか)の中でブログを書いています。今回は、北陸新幹線はくたかの自由席に座ったレビュー記事。

これから富山や金沢の方に新幹線で行こうか検討中の方、北陸新幹線はくたかの自由席は快適に過ごせるのか気になっている方向けに記事を書いていきます。

 

本記事の内容

・北陸新幹線はくたかの自由席のレビュー

・北陸新幹線はくたかの自由席の値段

・他の新幹線との比較

 

 

上記のことについてきます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

北陸新幹線はくたかの自由席のレビュー

結論からいうと、かなり快適でした。

北陸新幹線に乗る前のぼくが、新幹線にwi-fiがついていると思っていなかったのでまずwi-fiがついていることに感動。Airasiaなどの格安飛行機のエコノミークラスと比べても、足は前までしっかり伸ばせるし、窮屈な感じは一切しません。

リクライニングシートも、だいたい45度くらいまで倒すことができます。(角度はテキトー)

 

前には収納ができる机もついていて、パソコンを取り出して作業することも可能です。机の奥行きが広く、机の上に飲み物の入ったカップを置いてもこぼす心配は少ないです。

北陸新幹線はくたか、自由席の快適だと思うポイントをいくつかまとめます。

 

  1. wi-fiがついてる
  2. 電源のコンセントも付属
  3. 机の奥行きが広い
  4. リクライニングシートも奥まで倒せる
  5. 開通したのが近年なので、新幹線が新しい

 

などがポイントです。

 

⚠️自由席は前から1号車から4号車まででした

北陸新幹線はくたかの自由席は座れるの?

いまぼくは北陸新幹線にちょうど乗車していますが、乗っている季節はGWの帰省ラッシュど真ん中です。

新幹線に乗る前は、座る席が果たしてあるのかどうか不安でした。実際に、結論から伝えると、黒部宇奈月温泉から乗る場合は、かなり余裕を持って座ることができます。(自由席の座席は6から7割くらい埋まっている)

ただ、はくたかが停車する駅の飯山・長野あたりからほとんどの席が埋まり、満席に近い状態になるので注意してください。

長野あたりから乗る方は、指定席を確保しておいたほうが良いかもしれません。

  • 東京
  • 上野
  • 大宮
  • 高崎*
  • (安中榛名)
  • 軽井沢*
  • (佐久平)
  • 上田
  • *長野
  • 飯山
  • *上越妙高
  • 糸魚川
  • 黒部宇奈月温泉
  • 富山
  • 新高岡
  • 金沢

*は一部のはくたか号が通過します。

 

  • 東京高崎 50
  • 東京軽井沢 1時間7
  • 東京上田 1時間26
  • 東京長野 1時間38
  • 東京上越妙高 2時間
  • 東京糸魚川 2時間15
  • 東京富山 2時間40
  • 東京金沢 3時間3

 

所要時間も載せておきます。東京から金沢まで3時間で行けるのは嬉しいですね。車だと5時間以上はかかると思います。値段は高いですが、快適に過ごせるし、帰りも運転したくないという方は、新幹線で旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

自由席と指定席は500円しか変わらないので、指定席を取ることをおすすめします。

 

追記:ブログを執筆しているときに気がつきました。軽井沢あたりで自由席の方は座れなくなっている方がいました。軽井沢から1時間半程度で着きますが、500円で指定席を選べるということも覚えておいてください。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA