オーストラリア5大都市の1つ。アデレードに1ヶ月住んでわかった魅力8選



オーストラリアの5大都市の1つ、アデレード。

なぜ街全体は大きくないアデレードが5大都市の1つに入っているのか。

日本人観光客が少ない今、1ヶ月アデレードにいて感じた魅力を紹介しようとおもいます。

1,アデレードの街全体にWi-Fiがある

 

アデレードではオーストラリアで最初の無料Wi-Fi計画都市。

アデレードの良いところとしてまず上げるのが、街全体にWi-Fiが繋がっているということ。

他国から人からすると本当にありがたい…

基本的にランドモールといわれるメインの通りでは不自由なく使えます。

ですが、たまにWi-Fiが繋がりにくい場所があるので注意。

 

2,コンパクトな街

アデレードはコンパクトにまとまったお洒落で静かな街。

1番大きい通りのランドモールはたくさんのお店が並んでいます。

近くには美術館や博物館。

オーストラリアの先住民、アボリジニの博物館もあります。

アボリジニ(英: Aborigine)は、オーストラリア大陸と周辺(タスマニア島など。ニューギニアやニュージーランドなどは含まない)の先住民である。「アボリジニ」に差別的な響きが強いため、現在ではアボリジナルまたはオーストラリア先住民(オーストラリアせんじゅうみん、英語: Indigenous Australians)という表現が一般化しつつある。人たちによるヨーロッパ植民地化より以前からオーストラリア大陸や周辺の諸島に居住していた先住民の子孫たちである。オーストラリア先住民という場合はトレス海峡諸島民を含む。

そしてお祭りの時期になるとランドモールの通りではいろんな人たちがストリートパフォーマンスをしています。

 

ex)引き語りのヒト、バスケットボールを使って楽しませるヒト、ダンスをしているヒト。などなど・・

 

僕もここでストリートパフォーマンスをしましたが、バカウケ。

ちょうどお祭りの時期と重なっていたので、1時間半で5000円近くもらうことができました。

3,無料トラム

アデレードの交通機関はバス、電車、そしてトラムがあります。

トラムは無料で乗れて、海にもいくことができるので便利。

街の中心からグレネルグビーチまで続いています。

ぜひ活用してみてください。

 

4,セントラルマーケット

120年以上の歴史がある南半球最大規模のマーケット。

肉、魚、果物、チーズ、パン、本当に様々なものがあります。

さらに気軽に試食もできるので、日本ではなかなか食べられないものを食べれるチャンス。

そしてニオイが独特。

日本では感じることのできない不思議なニオイに嗅覚が刺激されます。

 

5,ビーチ

1番のオススメはグレネルグ(Glenelg)ビーチ

アデレードからほんの少しトラムに乗るだけで行けます。

約20分

ホルドファスト・ベイ(Holdfast Bay)でグレネルグ(Glenelg)行きのトラムに乗車。

夕日が海に沈む景色はなんとも言えません。

さらに、人気のお店、路上カフェ夏季限定のエンターテイメント・ハウスが並んでいます。

海では野生のイルカと泳いだり、ダイビングやシュノーケリング、船をチャーターして釣りに行くこともできます。

友達何人かといく場合は、ビーチフラッグやビーチサッカーも良いですね。

6,とにかく祭り

1年間アデレードでは1年間の間に25個以上のお祭りが開催されます。

その中で特に盛り上がるのがフリンジ・フェスティバル(fringe・festival)

時期は2月の終わり頃。街全体が祭りの雰囲気になります。

ダンス、アート、壁に映像を映し出すシアター、ショーやライブ音楽どれも目白押しのものが繰り広げられます。

 

更に、フリンジが終わるとオーストラリアで最高の芸術祭といわれるアデレード・フェスティバル・オブ・アーツ。勢いが止まらないですね。

 

7,カジノ

オーストラリアでは18歳が成人年齢なので、お酒、煙草、選挙にも行けるようになります。

なのでカジノも合法。

パスポートを準備して18歳以上なら誰でもカジノに入れてプレイすること可能。

アデレードでは学生も多くいるので、現地で友達を作っていくのもありです。

ただしお金を使いすぎないように注意!

8,ヒトとの出会い

約1ヶ月という短い期間でしたが、良い出会いを沢山しました

バスがわからなくて話しかけたら友達になった、インドのエンジニア

大学で友達が欲しくて声をかけていたら、本当に友達になれた女子大生2人

そして路上パフォーマンスをしていたら話しかけてくれて、家に泊めてくれたエミさん

 

小さい街だけど、良い出会いはそこらじゅうに転がっています。

話しかける少しの勇気さえあればアデレードでの生活が何倍にも増して楽しくなるはずです。

日本とは異なった空間をぜひ満喫してみてください。

まとめ

 

アデレードは街全体はそこまで大きくありません。しかし、20を超えるお祭りを始め魅力は沢山あります。

さらにいろんなヒトニオイ文化も日本とは全然違います。

アデレードは日本人があまりいないので、異文化をもろに体験できる街だと感じます。

ぜひ1度、足を運んでみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA