遊び

【投球骨折】手術してから2週間後の腕の状態【写真あり】

今日は、2週間くらい前に書いた投球骨折の経過をまとめようと思います。

骨折してから2週間でどれくらい腕が変化したのか。

写真付きで解説します。

※内出血の写真もあるため、見る際は気をつけてください。

関連記事【まとめ】投球骨折をした全ての方へ。救急車〜退院までの流れ【上腕骨螺旋骨折】

【術後すぐ】投球骨折した右手

通常だと、腕の血管と骨が少しは見えていました。

が、手術してすぐはパンパン。

内出血もありました。

メスを入れた箇所は肘と肩の少し下のあたり。

肘の部分の内出血が下まで降りてきて、手首の近くまで赤紫色の血がありました。

上の写真は、手術をして二日後とかです。

それから肘のあたりの内出血が手首の近くまで落ちてきます。(写真は撮り忘れてしまいました)

【術後2週間】投球骨折した右手

術後を見ていきます。

こちらの写真が、手術して1週間ほど経って抜歯をした時の写真。

内出血はかなりひいています。

自分の力で腕は90度くらい動かせますが、それ以上は動かせないのでリハビリ中。

ちなみに抜糸はほとんど痛みはなかったです。チクチクするくらい

かなり腫れもひいてきました。

こちらが腫れてパンパンだった時の写真。

腕全体が腫れているので、箸やスプーンを使ってご飯を食べたくても口元まで運べませんでした。

今では腫れもひいたので、箸を使ってご飯を食べられるようになっています。ただ、右利きの場合は軽く左手で手を添えながら食べています

腕にプレートを入れたレントゲン写真

もうプレートは一生このままです。

途中で抜いたりもしません。

気になること1

もし、僕が死んだ時、火葬したらこのプレートも残ると思います。

このプレートも一緒に墓まで持っていくのか気になりました。

気になること2

多分、このプレートは空港のボディチェックの時に通らなければならない、門みたいなところで警報がなると思います。

友達も空港で、体に入れたプレートに反応してしまったそうです。

その点が少し面倒だなと思いますが、今まで生活している限りはなんの違和感もなく過ごせています。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

またね。

関連記事【まとめ】投球骨折をした全ての方へ。救急車〜退院までの流れ【上腕骨螺旋骨折】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA