恋愛

【最重要】マッチングアプリの写真を選ぶコツ3つ【顔出しあり】

マッチングアプリの写真に悩んでいる:マッチングアプリでどういう写真を使ったら良いんだろう…。写真を選ぶときのコツや注意点を教えて欲しい。

こういった疑問に回答します。

記事を書いているぼくは、早稲田大学4年生のイザワ(@130Ht)と言います。

マッチングアプリを使って5人の女性とデートして、彼女もできました。

この記事を読めば、マッチングアプリで使うと相手から好印象をもらえる写真の選び方や注意点がわかります。

✔️記事の内容

  • マッチングアプリでは写真が『最重要』のワケ
  • マッチングアプリに写真を選ぶときの注意点3つ
  • マッチングアプリで写真を選ぶときのコツ【ジャンル別】

マッチングアプリの写真を選ぶコツは簡単です。
ぜひ記事を参考にして、気になる異性の方とマッチングしてください。

マッチングアプリで写真が大切な理由は?

それでは順番に見ていきましょう。

マッチングアプリを始めたばかりの人の心理

ぶっちゃけ、顔写真を公開するのって少し怖くないですか?

⇨使用中の心理

  1. 素敵なパートナー見つけるぞ!!
  2. 顔写真が見えないと安心できない
  3. しっかり顔が出てる人と会話したいな

おそらく、マッチングアプリを使っている人の心の中はこんな感じ。

つまり、顔写真がはっきりわからない人は、気になる方とマッチする確率はガクンと下がるんですよね。

写真は相手を安心させるため道具

もしかすると、あなたが自分の顔写真を使うのに抵抗を持っているかもしれません。

とはいえ逆にあなたが選ぶ立場のとき、顔写真がはっきりわからない方とお話したいと思いますか?

  • ・マッチングアプリに抵抗感がある + 顔写真がよくわからない ⇨マッチできない
  • ・マッチングアプリに抵抗感がある + 顔写真がハッキリ ⇨ マッチする可能性がある

マッチングアプリにまで抵抗感がある+顔写真がよくわからないというダブルコンボが決まっています。マッチングアプリに抵抗がある人とがほとんどだと思うので、少しでも安心してもらうために、顔が見える写真を使いましょう。

マッチングアプリに写真を選ぶときの注意点3つ

  • 注意点1:自撮りは使わない
  • 注意点2:加工している写真はNG
  • 注意点3:写真は複数枚使う【料理の写真はいらない】

結論は上記の通り。
それぞれ深掘りしていきます。

注意点1:自撮りは使わない

うまく言葉にできませんが、なんか自撮りって違和感ありませんか??

もちろんイケメンや美しい方なら見ていて違和感ありませんが、そうじゃないと違和感があるんですよね。

✔️フリー素材の自撮り

見たいのは自然な姿。
自撮りはいくらでもカッコつけられてしまうし、本人が意識してなくても「キメ顔」になってしまいます。

マッチングアプリでも、一定数は自撮りの人がいるんですよね。
とはいえ友達に撮ってもらった自然体の写真の方が見ていて好感度が高いです。

注意点2:加工している写真はNG

  • Snow
  • 目を大きくする

加工すると本来の自分の姿を隠してしまいます。

マッチングアプリを使っている人は、どこの誰かもわからない人と会うのには警戒しているし、加工しているのはNG。

しっかり「相 手 に 安 心 感 を 与 え ら れ て い る か」を考えてみてくださいね。

ぶっちゃけ写真をSnowで撮ったり加工するのは自分本位だと思います。
確かに自分を可愛く見せたい気持ちはわかりますが、相手のためを思うならアプリを使わず、素の自分を見せましょう。

注意点3:写真は複数枚使う【料理の写真はいらない】

おすすめは3から5枚。

まt、1枚目だけ写真を載せているのに、他の写真はキレイな風景や美味しそうな料理が乗っているケースが多いです。

料理とか風景って、誰も興味なくないですか?

それらを写真で選ぶなら、あなた自身の写真を載せてもらった方が好感が持てるし、お話してみたいと思います。

【メイン編】マッチングアプリで写真を選ぶときのコツ

✴︎ブスって言わないで。

その1:笑顔は必須

真顔か笑顔の方が目の前にいたら、どちらと友達になりたいでしょうか。

もちろんファーストインプレッションだけなら、後者の笑顔の方ですよね。

たまに男性の方で真顔の写真をメインに選択している人がいますが、キメ顔のつもりなんでしょうか。ぶっちゃけあんまり意味ないです。

初対面の相手には笑顔で接した方が相手の不安感を取り除いてあげられますよね。

その2:顔を中心に選ぶ

例えば、メインの写真に体全体が写っている写真はいりません。(サブの写真には入れるとGOOD)

スマホの一画面に収まりきるのは6人程度ですが、全員の顔をみているのは時間がかかりますよね。

メインに体全体が写っている写真を載せると、相手の方に見つけてもらえなくなる可能性があるので、顔が中心の写真を選択しましょう。

番外編:太陽光が一番盛れる

持論ですが、どの加工アプリを使うより、太陽の光が当たっている写真が1番良いです。

【サブ写真編】マッチングアプリで写真を選ぶときのコツ

続いてサブ写真。

前提:サブ写真は必要

メイン写真一枚だけだと、相手はまだ不信感を持っているかなと思います。

ぼくはフツメンなので、サブ写真を複数枚用意しました。準備したのは下記の通り。

その1:全身が写っている

上記のような写真が一枚あれば良いと思います。(もうちょっとカメラの方向を向いていると尚良し)

その2:自然体(スポーツをしてるとか)

ぼくはバレーボールをしているので、バレーをしている写真を選びました。

  • 野球
  • サッカー
  • スポーツでもなくても可

なんでも良いです。
サブ写真では自分の趣味がわかる写真を入れると良いと思います。例えば、釣り、スキー、カラオケで歌っている写真とか。

その3:サブ写真の目安は2から4枚ほど

特に深掘りする必要はないですが、2から4枚ほどがGOOD。

マッチングアプリで写真を使うのは怖くない

マッチングアプリで写真を使うのに抵抗がある方に向けて書きます。

結論:誰も覚えていない

例えばですが、withというマッチングアプリでは毎週20,000人以上が登録しているんです。

その中で一瞬だけ視界に入ったくらいで人の顔なんて覚えられません。
渋谷のスクランブル交差点ですれ違っただけで、一人一人の顔を覚えるなんて不可能ですよね。

真剣に出会いを求めているのでOK

一昔前の出会い系サイトとかだと、お遊び目的とか、いわゆるサクラと呼ばれる業者の方もいました。

とはいえ、最近のマッチングアプリは違っていて、真剣に出会いを求めている方が多いです。その証拠として、結婚した・交際をスタートしたカップルか公式サイトにまとまっています。

なにが言いたいかというと、真剣に出会いを求めている人がほとんどなので、顔写真を後悔しても悪用される心配がないということ。

減点方式ではなく加点方式

最後に、マッチングアプリをおすすめする理由を書きます。

  • 一目惚れは「減点方式」
  • お見合いは「加点方式」

上記に注目してください。

例えば、本田翼さん似の女性がいたら、多くの方は惚れてしまうと思います。

とはいえ、もしその方がいきなりタメ語を使ってきたり、ありがとうを言えない人だったら好きではなくなる可能性が高いですよね。

✔️お見合いの方が離婚率は低い

一方で、お見合いとかってまず最初に、相手の悪いところを探そうとするんですよね。

相手の悪いところ探しから始まって、あとあと良いところに気がつくお見合いは離婚率が低いんです。

つまり、結婚しても長続きするカップル・夫婦になれるということ。
マッチングアプリは現代のお見合いと考えて問題ありません。

「24時間365日のセキュリティ体制」や「違法ユーザーの退会処置」もあります。

マッチングアプリで写真を公開したくなくて使用を迷われているなら、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

DaiGo監修の「with」:上場企業のイグニスが運営。結婚や交際の体験レポートが掲載されていて、安心できるアプリ。大学生から20代の方におすすめ。

ライブドア運営の婚活サイト「youbride」:会員数180万人で、主な年齢層が30から40代。「サクラ0(ゼロ)宣言」を掲げており、会員審査と監視を徹底されています。

・すれ違いを恋のきっかけに「CROSS ME(クロスミー)」:気軽にデートしたい方におすすめ。行動範囲が近い人とマッチするので、デート誘いやすいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA