【漫画】リアルな就活事情が描かれている『銀のアンカー』は就活を控える大学生は読むべきだと思う。



新大学3年生はこれから就職活動を迎え、新4年生はたぶん就活の真っ只中。

今日読んだ漫画、『ドラゴン桜』の三田紀房先生が描く『銀のアンカー』は就活を控える大学生は読んだ方が良いと思ったので紹介します。

そもそも銀のアンカーのテーマは、日本の就職活動について

かつてアメリカ経済界で「草刈機」と呼ばれた元カリスマヘッドハンター・白川義彦。日本に帰ってきた彼は、突然就職セミナーに現れ、講師が語る「キャリアアップ」という言葉の怪しさを論破する! 白川の論調に感銘を受け、彼を訪ねた大学3年生の田中雄一郎と北沢千夏。軽い気持ちで就活を考えていることを見抜いた白川が、2人に授けた就活指南とは!? 前代未聞の内定請負漫画、ここに開幕!

就活を控える大学生が、元カリスマヘッドハンター・白川義彦の指南を受け、就活を通し成長していく漫画であり、「働くことの本質」が描かれていました。

今回は、ぼくが特に印象に残った場面を取り上げて紹介します。

ベンチャー企業は、基本的にハイリスク–ローリターン

ぼくは今まで、大企業で働くよりはベンチャー企業かなぁ、と考えていました。

いざわ
大企業って、社会の歯車になってそうで嫌だ・・
いざわ
ベンチャー企業で、先陣をきって働きたい
いざわ
「鶏口牛後」ってことわざもあるけど、牛後よりは鶏口の方が良い

理由がざっとこんな感じ。

自分がいかに浅はかな理由で志望していたか知りました。

⚠️ベンチャー企業の特徴⚠️

■死ぬほど忙しい

■いつも人手不足でトラブルがある

■いつ潰れるかわからない不安と隣り合わせ

ベンチャー業界のセミナーだけではわからない「現実」を知ることができました。

もちろん、ベンチャー企業で働く良い面もあります。しかし、夢だけを見るのではなく現実も視野に入れることが大切だと知りました。

ベンチャーを1社目に選ぶと、転職には絶対不利。ゆくゆくは、ベンチャーを転々とするハメになり、大手の路線変更は効きにくい。

就いた仕事を好きになれ!そうでなければ人生は楽しくない

自分が悩んでいたことを、真正面のどストレートに言われた感じです。

仕事が嫌でいちいち転職してたら、キャリアだって築けない。まず目の前の仕事を好きになり、全力で取り組む。すると成果も出て、「できる人間」と認められる。

そうなれば自然とやりたいことができるようになる!出世も転職も起業もできる、自由で楽しい社会人になれるのです。

 

いざわ
自分が本当にやりたいことってなんだろう??

なんて考えても、答えはでない。

つまり、自分が本当にやりたいことっていうのは死んでもわからないまず、目の前にある仕事で成果を出せば、それが好きになる。好きになれば、仕事が楽しくり、自由度が上がり、やりたいことの取り組めるということだと解釈しました。

結果をだしてはじめて「楽しさ」を味わえる。

「過程」も大事だと言われるけれど、それよりも評価されるのは結果

そもそも就活とは、アクションをすることから始まる。

なんでもよいから、とにかく足を動かすことから就活が始まる。

OB訪問

✅企業説明会

漠然とした不安を持つと思うけど、就活するときはどんどん足を動かそう。(自戒)

⚠️特に良いのがOB,OG訪問

企業説明会では、なんだかんだ会社の良い面しか見せてくれないので、会社で働く先輩にどんどん質問して話を伺おう

これ読んで、やってみようと思い、企業に電話かけでみたらオッケーもらえた。自分の中でちょっぴり成功体験なので嬉しい。

どんどん使っていこう。

とりあえず、銀のアンカーおもしろいから読んで

既に就活している方も、そうでない方も『グサッ』と心に刺さる言葉がある。

「銀のアンカー」に書いてあることがすべて正しいとは限りませんが、全8巻ですぐ読めるので、ぜひ読んでみてください。

 

どうせやるなら楽しんで就職活動したい。

最初から「いけそうな企業」とか「妥当な企業」に絞らないで。

就活は、数ある企業の中からどれを選んでも良い。どの企業に対しても告白(申し込む)できる権利がある。

例えば、テイラースウィフトとか、レディーガガに婚約を申し込むのは厳しいけれど、企業であればどこでもいけちゃう。リスク無しで。

楽しめるようになるまで努力だ。

最後までありがとうございました!

ばいばい。

⬇️こちらの記事も合わせてどうぞ

関連記事コミュニティに属すという安心感だけ味わっていても意味がない

関連記事ネガティブな人が超ポジティブになれるたった2つの方法

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA