勉強中に眠くなる場合の対処法3つは?眠気対策のコツを教えます



  • 勉強中に眠くなるんだけど助けて欲しい…
  • 頭がボーッとしてちゃんと集中できないんだけど対処法はある?

 

上にある悩みや質問に回答します。

 

はじめまして。
早稲田大学3年のイザワ(@130masaki)と言います。

 

ぼくが受験生だったときや大学生になった今でも「勉強中に眠くなる」ことはしょっちゅうあります。正直、仕方のないことだし抑えようがありません。

 

ただ、眠くてどうしようもないときに目を覚ます方法や、頭をスッキリさせる方法をいくつか知っているので、今回はそれを書いていこうと思います。

 

✔️記事の内容

  1. 勉強中に眠くなった時の対処法を2つ教えます
  2. 眠くてどうしようもなくなったら15分の仮眠をする
  3. 【結論】こまめに休憩を取って仮眠しよう

 

記事の内容は上にある通り。

 

管理人
2,500文字程度なので2分で読み終えると思います。

勉強中に眠くなる時の対処法を2つ教えます

それぞれ見ていきましょう。

眠くなった時の対処法1:椅子から立ってストレッチする

ストレッチをしてリフレッシュしましょう。長時間座っていると、血液の流れが悪くなるので体を動かして血行をよくするのがおすすめ。

 

そもそも、なぜ勉強中に眠くなってしまうかご存知でしょうか。

 

✔️なぜ眠くなるのか

例えばですが、ど文系の人が量子力学の勉強をするとなったらかなりストレスを感じますよね。

 

慣れてない分野で脳のエネルギーをかなり使ってしまうので眠くなってしまうんです。もちろん脳を使うことは良いことですが、適度に休めないと良いパフォーマンスを発揮しません。

 

管理人
体は元気でもボーッとしてしまう経験があるので、そういう時は仮眠をしたりしています。

眠くなった時の対処法2:冷たい水で手を洗う

2つ目は、手のひらを冷水で洗うということ。

 

実際に、米国スタンフォード大学のクレイグ・ヘラー教授による研究でも、手を冷やすことによってパフォーマンスが向上するという研究結果が出ています。理由としては、「深部の体温を下げる」と言うのが理由の1つ。

 

✔️深部の体温を下げる

詳しい解説は下の説明を参考にしてください。

深部体温が40度を超えると、体は「もう限界、これ以上は無理」と悲鳴を上げ、動けなくなってしまうのです。そこで、運動を始める前や運動中に深部体温を下げたり、上がりにくくしたりして、限界に達するまでの時間を長くしてやればパフォーマンスが上がる。引用:ヨミドクター

長く座っていると、体温が上がってしまい熱がこもってしまいます。こまめに手を冷やしてリフレッシュしてみてください。

 

また、先ほどのサイトでは5から10分ほど冷やしておくことがおすすめと書いてありましたが、1分間ほど手を洗うだけでも気分的にスッキリするのでおすすめです。

 

管理人
トイレに行くついでに冷やしてみてください。

勉強中に眠くてどうしようもなくなったら15分の仮眠をする

一番オススメする方法。

眠くなったら15分ほど寝よう

一番効果があると思います。

 

眠くなったら、机につっぷして仮眠をとりましょう。おすすめの時間は10分から15分程度で、しっかりアラームをかけておけば寝すぎることはありません。

 

✔️予備校の先生の話

ぼくは東進ハイスクールと言う予備校に通っていましたが、当時の英語の先生も「仮眠推奨派」でした。ただしいくつかポイントがあります。

 

  1. 15分以上寝ない
  2. 横にならないで寝る

 

上記の2つ。

15分以上寝ると脳が完全に寝る体制に入ってしまうので、起きることがしんどくなってしまうそうです。あくまで仮眠なので、布団に横にならないでください。笑

 

管理人
15分寝てもスッキリしないときは布団でぐっすり寝ましょう。

罪悪感があるかもしれないけど関係ない

体験談なのですが、仮眠をすることに罪悪感を感じていた時期がありました。

 

特に受験生の時は、「周りが頑張ってるのに自分だけ寝てられない」などを思っていたんです。ですが寝たほうが頭がスッキリするので、学習の効率はかなり上がります。

 

早稲田首席のYouTuberであるブレイクスルー佐々木さんも進めていますが、しっかり休憩をとることが大切です。

 

管理人
(ガチ)

 

休みすぎると、慣性の法則みたいにどんどん休むことに脳がシフトしていってしまうので、くれぐれも休憩時間を決めることを忘れないでください。

 

管理人
根性論で頑張りたい気持ちもわかるけど、効率を求めたほうが模試の点数も上がる。(体験済み)

【結論】こまめに休憩を取って仮眠しよう

つまりこの記事でなにが言いたかったかと言うと、「勉強中に眠くなったら、こまめに休憩しつつ仮眠をしよう」と言うことです。

 

  1. ストレッチ
  2. 手を冷水で洗う
  3. 10分程度の仮眠をする

 

などを進めてきました。もちろん、上記の方法が眠くなった時の対象法のすべてではありません。

 

  • 音楽を聞く
  • LINEを開く
  • 逆立ちして脳に血を送る

 

他にも方法があるので、自分に合うリラックス方法を見つけられたら最強です。

引用:ブレイクスルー佐々木

寝不足なら仕方がないですが、だいたい眠くなるケースは脳のエネルギーの充電が切れているときです。休憩を取りつつ勉強を頑張ってください。

 

管理人
それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA