オピニオン

多くの人は、自分が有利になるよう話をする【お医者さんの体験から】

こんにちは、

鍋ダイエットを始めと思っています。

イザワです。

今日のテーマ

今日のテーマは「多くの人は、自分の都合の良いように発言するから一回立ち止まって見ることも大切」

というものです。

なぜこのテーマで書くのか?

それは今日行った病院での出来事がきっかけです。

基本的に、ポジショントークをする人が多い

いつもざわわブログを読んでくださりありがとうございますm(_ _)m

病院での出来事

数日前のブログでも書きましたが、1/13から1週間、ずっと入院をしていました。

ただの骨折だったのですが、レントゲンを撮るということで病院へ。

そこで、このような一連の出来事が起こりました。

  1. 医者:今日(1/26)から2週間は定期的に病院に来てリハビリを受けて欲しい。
  2. ぼく:この病院は少し遠いので、家の近くの病院でリハビリを受けたいんですが可能ですか?
  3. 医者:ダメ(怒り気味)
  4. 医者:なぜなら、手術した患者はその病院で面倒を見ることが基本。移動先の病院も自分たちの病院で手術をしていないのに、もしあなたの身に何か問題が起こった時に責任が取れない。
  5. 医者:もちろん、どうしても病院を変えなければならければいけない理由があれば、それは仕方ない。
  6. 医者:が、基本は手術を受けた病院でリハビリを受けてください。
  7. ぼく:なるほど・・・

上のような感じ。

多少バイアスがかかっているかもしれませんが、事実をそのまま書いたつもりです。

僕の主張としては、手術を受けた病院は家から遠いので、もっと家の近くの病院でリハビリをしたいわけです。

とはいえ、その主張は怒り気味に否定されてしまいました。

実際のところ

ただ、ネットで調べて見ると、

Q,他の病院で手術をしたのですが、リハビリだけやってもらえますか?

当院では術後のリハビリも行っています。他院で手術された場合でも、当院で診察を受けていただいた上で運動器リハビリテーションを行っていただけます。

引用:荒川整形外科リハビリテーションクリニック

実際、手術をした後でもしっかりリハビリをしてくださるところはあります。

紹介状があった方が良いケースもありますが、紹介状がなくてもリハビリをしてくださるそうです。

紹介状があればそれまでの経過がわかりますし手術後のリハビリ計画もわかるので、可能であれば作成してもらってください。

引用:整形外科やましな医院

もちろん、担当医の方のご好意で「術後のリハビリも私たちの病院でやった方が良い」と仰ってくださったのかもしれません。

ただ僕はなぜか怒られたように感じてしまった&他の病院でも受け入れてくれるところはあるとネットで調べてわかったので、

なんだ、他の病院でもリハビリできるのか。

それならこの病院に来ないで、他の病院でリハビリしたい。と思ってしまいました。

なんでそう言ったんだろう?

疑い深いやつだな、と思われるかもしれません。

が、担当医の方とのやりとりで、やっぱり自分が務めている病院の業績をしっかり担保したいからそう言ったのかな。

と思ってしまいました。

病院だけでなく、世の中を見渡すと同じ例がある

本当のところの意図はわかりません。

とはいえ、今日のやりとりだけではなくても、世の中は「ポシショントーク」が多いです。

ポジショントークでは、「発言者が受け取る側の不安を煽って、自分が優位に立つようにする」という1つの側面があると思います。

例えば、あなたが金融商品を売る営業マンんだったとします。

  • 年金制度は崩壊しませんよ。安心してください
  • 国の国債は増えているけど、まぁ心配いりません。大丈夫ですよ。

と言っても、誰もその営業マンから商品を買いません。

が、

  • 年金制度はあなたの老後には崩壊しています。だから投資を始めましょう
  • 日本の財政状況は危ないです、海外に投資しましょう

上記のように、不安を煽った方が儲かります。

何も金融だけではなくて、例えばダイエットでも受験勉強でも当てはまります。

最近では、電車の広告で「脱毛」と「英語学習」の広告を見ますが、それもうまく不安を煽っているものもあります。

なので、面倒くさいけど、

大事だなぁ、、、と思う情報とか、相手が言い切っている時ほど冷静に立ち止まって考えて見るのは、大切だと思いました。

やっぱり、何事にも裏と表があると思うから。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

またね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA