オピニオン

ずっと痩せられない人はどうすれば痩せられるのか考えた【95⇨85kgに減量】

こんにちは、

今日は「ずっと痩せられない人はどうすれば痩せられるのか」というテーマで書いていきます。

ちなみに、僕も上のタイトルに当てはまる該当者です。

今の身長と体重は180cmで85kg。もちろんBMIだと肥満型と表示。

ただ、最近買った体重計だと体脂肪率は「標準」と表示されていて、「俺はこのまま痩せる必要がないのでは…」と思ったのですが、、、ダメそうです。

BMIの算出方法が、標準体重 = 22 × {身長(m)の2乗}の式で、そこに数字を入れると、22 × 1.8 × 1.8 = 71.3(kg)。

つまり、71.3kgが180cmの適正体重。

  • 自分の体重:85kg
  • 適正体重 :71,3kg

14kgのオーバー…

なぜ太っているとダメなのか【肥満は万病のもと】

下の記事の引用部分からもわかるように、肥満になると病気のリスクが高くなります。

それだけでなく、睡眠中いびきをかきやすくなってよく眠れなかったり、夏は汗をダラダラ流しながらとても苦しい思いをします。実体験です。

肥満度が高くなるにつれ、睡眠中の呼吸障害をきたしやすくなり、突然死や睡眠時死亡を引き起こすことがあります。

さらに肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風、胆石症、骨粗しょう症などの下地にもなりやすく、そのため狭心症、心筋梗塞など、虚血性心臓病や脳卒中の原因になります。乳がん、子宮体がん、大腸がんの原因にもなりますから「肥満は万病のもと」といっていいのです。循環器病情報センター 肥満さよならの医学

とにかく、肥満であることによるメリット、良いことは0です。

みんな痩せたい。

僕もそうですが、多くの方は「痩せたくても痩せれない」という状態にあると思います。

食べ過ぎた翌日に、今日は食べ過ぎてしまったと後悔。

そしてその時「明日からダイエットしよう」と決意しますが、その決意の効力はもって12時間くらいでしょう。

なので、ずっと痩せられていない人は自分の意思の力を頼ってはダメです。

ずっと太っている人はどうすれば痩せれるのか?

結論、「自分の力で痩せようとせずに他人の力を借してもらうこと」と「自分からサンクコストをかける」という2つです。

その1:自分の力で痩せようとせずに他人の力を借してもらうこと

多分、これまでの人生の中で「痩せよう」と思ったことは何度もあると思います。

僕は中学校や高校のプールの授業の度に「自分の体が恥ずかしい」と思って痩せることを毎回誓っていました。

が、痩せられませんでした。

その他にも年が変わるタイミング(元旦)や何か新しいことにチャレンジしてみようと思った時、必ず「減量すること」は目標の1つでした。

ただ、結局続けられません。

つまりここかからわかることは「自分の意志の力は、思った以上に弱い。」ということです。

だから自分の力で痩せようとせずに、周りに頼ることが必要なんです。

その2:自分からサンクコストをかける

サンクコストとは、すでに支出され、どのような意思決定をしても回収できない費用のことを言います。例えば、1億円の資金を投下して何か新しい事業を進めたとします。しかし事業は赤字で、今後も黒字の目処は立っていません。このとき投下した1億円がサンクコストになります。

合理的な判断をするのであれば、すぐに事業から撤退するべきですが、既に1億円を投下しているため、人はそれを完全に無駄にする、撤退という判断をとることができない、というようなことが行動経済学において研究されています。引用:PLAN-B サンクコスト効果とは

つまりダイエットでいうと、先にジムにお金を払ってしまうとか、プロテインとか良い運動靴やトレーニングウェアを買ってしまうということ。

おそらく、これはお金に余裕がなければないだけ有効だと思います。

「一万円なんて払いたくない、、、それなら自分で頑張る。」と思うかもしれませんが、きっと頑張れません。

だからこそ、最初にサンクコストをかけてしまって「今日はモチベーションが上がらないからジムには行きたくない」という心理ではなく、

「もう一万円も払っているんだけど、そんな気分が乗らないけど頑張っていくか、、、」と思うはずです。

また、「トレーニングした後って、絶対トレーニングしたことを後悔しないんです。」

お風呂と同じで、おふろ入るのって面倒臭くて、明日にしようかな、、、と迷うことってありますよね。

ただ、実際にお風呂に入ってみると「あー、お風呂になんて入らなければ良かった。。。」とは絶対なりません。スッキリするんです。l

ジムや筋トレもそれと同じで、実際にトレーニングして後悔することなんでないんです。

95kgから85kgの減量(具体例)

今の体重は85kgですが、実は一年くらい前までは95kgでした。

10kg以上も太っていてこのままいけば間違いなく生活習慣病になっていたし、あらゆる病気になるリスクがあったと思います。

物心ついた時から太っていて、基本的に一度増えた体重は二度と下がることはありませんでした。

しかしながら、95kgから85kgの減量に成功したんです。それはなぜかというと「自分の力で痩せようとせずに他人の力を借りれた」からです。

とはいえ、上の減量方法ではもう痩せられなくなってしまったので、2つ目で紹介した「サンクコスト」をかけることによって痩せようとしている今日です。

最後に

ずっと痩せられない人はどうすれば痩せられるのか考えた、というタイトルでブログを書いてきましたが、まだ2つ目の方法で紹介した「サンクコストをかける」方法で減量に成功していません。

明日ボクシングジムに体験に行くのですが、そこで3つのうち(これまで3つ体験に行った)どこにするか決めて、この減量法は正しいのかどうか実験しようと思います。

23年間、だんだん太ってきた体なので時間はかかると思いますが、ポジティブに頑張ります。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

またね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA