オピニオン

モチベーションが上がらない人へ|科学的に証明された3つの解決策は?【TED参照】

  • なんだか今日はモチベーションが沸かない。解決策はある?
  • モチベーションが上がらなくてやる気が出なくて困ってる…

 

上記の「モチベーションが上がらない」という悩みや質問に回答していきます。

 

✔️記事の内容

  1. モチベーションが上がらないときの具体的な解決策は?
  2. やる気・モチベーションに関する驚くべき事実を紹介【TED参考】
  3. 本当にしんどいと感じたら専門家にアドバイスをもらう

はじめまして。
早稲田大学3年のイザワ(@130masaki)と言います。いきなりですが、

 

  1. モチベーションが上がったら頑張ろう
  2. モチベーションが上がるまでは、とりあえず他のことをやっておこう

 

上記のような「間違った考え方」をしている人はいないでしょうか?

今回は、科学的に証明されたモチベーションの上げ方を紹介していきたいと思います。

モチベーションが上がらないときの具体的な解決策は?

見ていきましょう。

結論:やる気・モチベーションの正体は「ドーパミン」

そもそも、モチベーションはどこから来るのでしょうか?

結論、側坐核と言われる部分からでるドーパミンという脳内物質がでることによってモチベーションが上がることが、科学的に実証されています。

 

✔️どうやってドーパミンを出すの?

まずはドーパミンの出し方についての方法を3つ紹介したいと思います。

その1・作業興奮を用いる

いきなり大切なことを伝えますが、「行動しないとドーパミンは出ません

なんだか今日はモチベーションが沸かない。

つまり、モチベーションは実際に行動しないと出ないので、待っていても意味がないんですよね。

 

ポイント
解決策としては、3分だけパソコンを開いてみるとか、本を手にとって1ページだけ読んでみるなど、簡単な目標を設定してあげます。

そうすることで作業興奮と言われる状態になり、脳からドーパミンがでてきてやる気やモチベーションが出てくるというコト。

その2・音楽を聞く

2009年のマギル大学の研究でわかっているコトで、「好きな音楽を聞いた時のみ」ドーパミンがでるという実験結果があります。

  1. BUMP OF CHICKEN
  2. 矢沢永吉

なんでも良いですが、自分の好きな音楽を聴いてテンションをあげることが大切。

 

✔️注意点があります

結論、音楽を聴きながら作業するとかなり効率が下がるということです。

1つのことに思考を集中させないといけないのに、音楽を聞くことによってうまく集中できないというのが問題なんですね。実際、

 

  1. 好きな音楽を聴いている
  2. 嫌いな音楽を聴いている
  3. 無音状態

 

上のグループに分かれてテストを行なった結果、3番目のグループが1番点数が高かったという実験結果もあります。

その3・ドーパミンに必要な栄養をとる

ドーパミンが出やすくなる食材を食べましょうということで、5つ紹介します。

✔️5つの食材

  1. チーズ
  2. 卵白
  3. 豆腐
  4. レバー
  5. 納豆

上記の5つ。

ドーパミンは、タンパク質に含まれるアミノ酸の1つの、フェミルアルニンやチロシンと言われています。

それが多く含まれている食材が上にあげたもので、ダイエットにも効果がありそうなものも多いですね。痩せたい方は一石二鳥。

やる気・モチベーションに関する驚くべき事実を紹介【TED参考】

参考にしたのがこちらの動画。

今から書くことは科学的に証明されたこと。つまり、一個人の意見ではありません。

一言でまとめると「好きこそ物の上手なれ」

このTEDの動画を一言でまとめると、「好きこそ物の上手なれ」になりました。

誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。

根拠を示す実験結果

問題:テーブルにろう垂れないように、ろうそくを壁に取り付けてください。

 

画鋲を使って頑張っている人もいるし、ろうそくの垂れるろうを使って、壁にくっつけようとする人もいます。

しかし正しい回答はそうではありません。答えは下記の通り

この実験を2つのグループに分けて行いました。

  1. ただタイムを測りたいと言われたチーム
  2. 勝ったら5ドル報酬を与えられるチーム

 

結論、後者のインセンティブがあるチームの方が、正しい回答を見つけるまでに3分30秒も遅れました。

つまり、クリエイティブな仕事を求めるに当たって、成果報酬やインセンティブを与える方法は間違っているということ

 

✔️これからの仕事はクリエイティブが求められる

これから、「人間が面倒くさい」と感じる仕事は人工知能によって変わられていくというニュースを聴いたことがあると思います。人間のクリエイティブをどんどん出せる時代になってくる。

 

つまり、インセンティブをモチベーションとした仕事を選んでいると、低いパフォーマンスしか出せない人になってしまうのです

ポイント
もっと右脳的な、クリエイティブな、考える仕事をすることが大切だとTEDでは述べられています。

さらに「金銭的インセンティブはパフォーマンスの質を下げる」ということがわかっています。

好きだから、面白いからやるが一番強い

Googleを例にします。

20%TIMEという方針がGoogleでは採用されていて、仕事の20%の時間は自分の好きなことに時間を使って良いというモノ。

そしてなんと、Googleの半数近くのすばらしいアイディアがこの時間から生まれているのです。例えば、

 

✔️具体的なアイディア

  1. Gmail
  2. Orkut
  3. Google News

 

など。
動画ではGoogleに加えて合計3つの例をあげているので、気になる方は見てみてください。

本当にしんどいと感じたら専門家にアドバイスをもらう

そもそもやる気やモチベーションとかの問題ではなく、本当にしんどいと感じたら病院などでしっかり受診してもらいましょう。

 

✔️注意点

本当に体が危ないと感じたら、友達に相談しないですぐに病院に行くことが大切だと思います。

 

例えばですが、大学受験の勉強を始めたけど偏差値が40しかなかったとします。そのとき、同じレベルの友達に「どうやって勉強すれば良い?」と質問しても意味ないですよね。

 

なんの専門的な知識もない人に相談しても、それっぽい答えが帰ってきて終わります。

まとめ

「やる気・モチベーション」に関する記事はいかがでしたでしょうか。

ぜひ、参考にして取り組んでみてください。それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA