恋愛

【3分で理解】田舎で出会いを探す、具体的な方法7選【図解あり】

田舎に住んでいる人:いまは田舎に住んでいるけど、出会いがないな…。どうやったら田舎で出会いを探せるの?具体的な方法を知りたい。

こういった疑問に回答します。

田舎では、なかなか異性の方と出会う機会がありません。東京では、街コンや合コンが頻繁に行われているけど、田舎ではないですよね。

とはいえ、機会が0ではありません。

田舎の出会いに関する問題を解決するのが、『マッチングアプリ』です。

✔️記事の内容

  • 結論:田舎の出会いはマッチングアプリがおすすめ
  • 田舎の出会いを探す方法【7つ紹介】
  • 田舎でマッチングアプリを使ってみた体験談

記事を書いている僕はマッチングアプリで彼女を見つけました。

1年3ヶ月経ついまもお付き合いしています。

アプリの魅力を伝えつつ他の方法も合わせて解説するので、ぜひ参考にしてください。

田舎の出会いを探す方法【7つ紹介】

田舎の出会いを探す方法【7つ紹介】結論は下記の通り。

  • その1:お見合い
  • その2:街コン・合コン
  • その3:職場
  • その4:友人の紹介
  • その5:ナンパ
  • その6:街のイベントに参加
  • その7:SNSを使う

まずは田舎で出会いを見つける方法をまとめました。

その1:お見合い

田舎では、地域の方がお見合いをセッティングしてくれるケースもあるんです。

例えば、茨城県や栃木県の例を見てみましょう。

こちらが婚活サイトの『であイバ』です。

 

✔︎ホームページ

  • イベント情報
  • 婚活アドバイス

などなど、田舎で出会いをサポートしてくれるのはありがたいですよね。さらに、お見合いは結婚より離婚率が低いと言われています。

なぜならお見合いは、『加点方式』だから。

一目惚れだと、MAX100点から、だんだん悪いところが目について幻滅していきます。とはいえ、一方のお見合いは違うんですよね。

なぜなら、時間が経過するに連れて、パートナーの良いところが見えてくるからです。相手を警戒している状態から、だんだん和んでくるので、親密性が高くなると思います。

その2:街コン

街コンは、主に3種類あります。

  1. 複数店舗形式
  2. 1店舗&立食形式
  3. 1店舗&着席形式

上記の通り。
メリットとしては、一度街コンに参加すれば、たくさんの異性の方とコミュニケーションが取れる点です。

自分からコミュニケーションをとる勇気がない方にとっては、少しハードルが高いかもしれません。しかし、そこは少なからずサポートがあるはずです。

先ほども伝えましたが、県や市役所がイベント(街コン)を開催してくれるケースもあります。まずは一度参加してはいかがでしょうか。

その3:職場

まだ学生の立場ですが、『職場婚』という言葉を聞きます。

  • 仕事が忙しい
  • 田舎で出会いが少ない

上にあるパターンに当てはまると、必然的に同じ職場の方と恋愛関係になる確率がたかくなります。

とはいえ、デメリットとしては、そもそも職場に女性が少ないケースが考えられます。

職場に女性が少ない方は、まず女性とである母数が少ないので、恋人ができる確率はガクンと下がってしまいますよね。こう言うケースに、マッチングアプリはおすすめです。

その4:友人の紹介

友人の紹介からお付き合いするメリットとしては、ちゃんと信頼できる相手である可能性が高いということ。確かに、知人からの紹介だと真剣に聞こうと思えます。

とはいえ、可能性としては0に近い。

今までそのようなケースを見たことないですし、そもそも友達に『紹介したい』と思うでしょうか。異性を友達に紹介したいとは思わないですよね。

その5:ナンパ

僕の高校生の友達も、ナンパから出会いが始まった人が一人います。

 

可能性として無くはないですが、これも少しイマイチかなと。そもそも論、田舎には声をかけるほど女性がいません。

ましてやナンパをするのにはかなりの勇気が必要です。さらに成功する確率も低いですし、ちょっと微妙ですね。

上記のポイントを考慮すると、ナンパするよりも効率良く、異性の方と出会える方法はあるはずです。

その6:街のイベントに参加

街コンとは違います。

  • お祭り
  • ボランティア
  • 地域ならではのイベント

地方の若い人たちが集まりそうなイベントに参加するのも、田舎で出会う方法の一つ。

最初の目的が『出会い』ではなく、イベントを盛り上げることなので、自然な形で異性の方とコミュニケーションを取れます。

田舎では、地域ごとにお祭りやイベントが開催されているはずです。そのコミュニティーに一歩踏み出して参加してはいかがでしょうか。

その7:マッチングアプリ

例えば、

  • Twitter
  • Instagram

のように、SNSを使えば出会えると思うかもしれません。とはいえ、いきなりSNSからメッセージがきても驚きますよね。

なので、『恋人を探している』という前提があると、声もかけやすいですし恋愛に発展しやすいです。

そこでおすすめなのが、マッチングアプリ。(僕もマッチングアプリを1ヶ月半使っていましたが、5人と出会えて、1年以上お付き合いしている彼女ができました。)

肥満体型で、顔もイケメンではない僕でもステキな出会いがあったんです。次の見出しでは、マッチングアプリについて詳しく解説していきますね。 

田舎の出会いはマッチングアプリがおすすめ

結論:田舎の出会いはマッチングアプリがおすすめ

詳しく見ていきましょう。

マッチングアプリとは

結論、恋人を探している男女を出会わせるアプリのことです。

特徴をまとめると、

  • 会員数は国内で1000万人以上
  • 結婚・お付き合いしたカップルは200,000組以上
  • 上場している企業が運営していて、セキュリティーも安心できる

ざっくり3つだと、上記の通り。

もちろん、最初マッチングアプリを使うときは怖かったです。

とはいえ、いざ初めてみると、高校の友達や大学のバイト先の友達も使っていたんですよね。

ちょっと抵抗感がある人は

まず、『しっかりしたアプリで、ちゃんとした相手と出会える』という事実を覚えておいて欲しいです。

一昔前の「出会い系サイト」とは違う

一昔前に流行った出会い系サイトでは、

  • サクラや業者がいる
  • ちゃんと出会えない
  • どの会社が運営してるか謎

という問題がありました。

しかし、最近のマッチングアプリは違います。

✔︎最近のアプリ

上記の画像を見てください。

  • 本名は表示されない
  • 不正なユーザーは利用停止
  • 365日24時間の厳重な監視体制

といったように、ユーザーの心理的な不安を取り除いてくれるんです。

確かに、昔の出会い系サイトはいろんな問題がありました。

とはいえ、それは『昔』の話。

最近のマッチングアプリは、ひと昔前の出会い系サイトと比べて、かなりに使いやすくなっています。

田舎の出会いをマッチングアプリで探すデメリット・メリット

結論:田舎の出会いはマッチングアプリがおすすめ続いて、マッチングアプリを使う、デメリット・メリットを見ていきましょう。

前提:マッチングアプリを1ヶ月半使った結果

まず、実際に僕がアプリを使った結果をお伝えします。

✔︎結果

  • 登録した期間は1ヶ月
  • 20人以上の方とマッチ
  • 5人の方とデートする
  • 彼女ができる

つまり、大満足です。

もちろん、僕だけが特別な訳ではありません。

例えば、会員数は国内で1000万人以上。
結婚・お付き合いしたカップルは200,000組以上いるアプリもあります。

とはいえ、デメリットもちゃんと把握しないと、マッチングアプリを使うのは怖いですよね。

ここからは、マッチングアプリを使うメリット・デメリットを、1ヶ月間使い倒した僕が解説していきます。しっかり確認していきましょう。

 

関連記事【男性向け】マッチングアプリ『with』の体験談まとめ【3分で理解】

【デメリット編】田舎の出会いをアプリで探す

先に結論をまとめます。

デメリット
  • 顔出しする必要がある
  • アプリに疲れる

それぞれ深掘りします。

顔出しする必要がある

もちろん絶対顔出ししないといけないという決まりはありません。とはいえ、気になる方とマッチするためには顔出しをした方が確率は高くなります。

マッチングアプリはお互いについて全く知らない状態でスタートします。顔写真がないと情報が0になるので、そういう方とお話したいとは思わないですよね。笑

 

✔︎9割以上顔出ししてる

9割以上は顔出ししてます。

なので、そこまで緊張しなくてもOKです。

アプリに疲れる

メッセージのやり取りが面倒臭くなるんですよね。

つまりアプリを数ヶ月も契約する必要はなくて、1ヶ月から3ヶ月でOKです。

ぜひ覚えておいてください。

【メリット編】田舎の出会いをアプリで探す

先に結論をまとめます。

メリット
  • 価値観が会う人とである
  • 真剣なユーザーが多い
  • コスパが最強
  • 彼女ができる

こちらも少し深掘りしてみます。

価値観が会う人とである

Pairsやwithといった、有名なマッチングアプリだと、同じ趣味や価値観を持った人と出会うことができるんです。

例えば、

  • Netflixが好きな人
  • インドアな人
  • お酒が大好きな人

のように、それぞれネット上のサークルがあるイメージですね。なので自分が好きなコミュニティの人と仲良くなれば良いので、会話のきっかけが作りやすいです。

そのほかにも、100は優に超えるコミュニティがあるので、ぜひのぞいてみて下さい。

コスパが最強

具体的に伝えると、『真剣な出会いを求めている方』が多いので、飲み会や合コンを開くよりも圧倒的にコスパが良いです。

マッチングアプリ  合コン
目的 恋人作り 遊び
料金 1ヶ月で3,000円 1回で3,000円
特徴 価値観が合う人と出会える バラバラ

比較すると上の通りになります。

 

料金のところを比べると、一回で3,000円から5,000円の出費がある合コンに対して、マッチングアプリは1ヶ月で3,000円しか出費しません。

 

さらに、アプリ経由でデートする場合、LINEでやり取りをしていると思うので、ある程度は出会いに対して真剣なはず。

彼女ができる

1ヶ月しかアプリは使っていませんが、彼女ができました。

もうすぐ1年3ヶ月記念日を迎えます。

(すみません、余談でした。)

田舎でマッチングアプリを使ってみた体験談

田舎でマッチングアプリを使ってみた体験談実際、どれくらいログインユーザーがいるのか調べてみました。

地域を絞ってユーザーをみれる機能があるので、それを使います。

県名 24時間以内にログイン
山形 200人以上
岐阜 400人以上
岡山 800人以上
福岡 3,000人以上

2019年11月15日 23時30分

上のような結果になりました。

結論、マイナーな県でも200人以上は確実にいますし、

  • 価値観の似ている人とお付き合いしたい
  • 職場や学校以外で、出会いを求めたい

上にある項目に当てはまる方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 

確かに、抵抗感を持つのはわかります。
とはいえ田舎では出会いが少ないのも事実。

 

マッチングアプリで結婚している人・交際をスタートさせた方は1つのアプリでも200,000組以上いますし、セキュリティー面もしっかりしています。

 

ちょっと勇気を出して、登録してみてはいかがでしょうか。きっとステキな方が見つかるはずです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

備考:マッチングアプリに関する記事は他にもあります。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事【後悔します】無料マッチングアプリは使うな。男性の体験談と理由3つ

関連記事【男性向け】マッチングアプリ『with』の体験談まとめ【3分で理解】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA