遊び

【絶対に】10代にしかできないことを思いついたのでやってみた。

こんにちは、いざわです。

10代にしかできないことを思いついたのでやってみました。

10代にしかできないこと・・

それは

警察に補導されること


以下、LINE。

友達A

「なあ、10代にしかできないことってなんかある?」

 

ぼく

「う〜ん、10代の気持ちを残しておく日記」

 

友達A

「それはもうやったよ〜。恋とか、勉強とか、夢とかについては書いたんだけどね。10代にしかできないことって、以外と無いんだよね。笑」

 

 

ぼく

「10代にしかできないことって以外とないのか?!!」

 

 

という、ふとした友達の質問がきっかけで考えるようになった。

 

 

「10代しかできないことか〜〜」

 

20代になれば

■お酒も飲める。

■クラブにも行ける。

■お持ち帰りもできるかも。

 

 

でも10代にしかできないことってなんだろう??

 

と、悩んでいて外のベンチに腰をかけた。

 

その時、ちょうど「秘密基地」を探しているときだったので、いい感じのサイズの交番が目にとまった。

 

 

あの交番くらいのサイズの秘密基地が欲しいな〜、と思っている時

 

「これだ!!!」

 

ひらめきは降りてきた。

 

10代にしか出ないこと。それは、

 

『遅い時間に出歩いて、警察に補導され、カツ丼をご馳走になり、交番に泊めてもらうこと!!』

*当時19歳で補導対象。たぶん

 

隣にいた友人Bにひらめいた内容を話す。

 

ぼく

「補導されに行かない? 10代にしかできないから」

 

友人B

「いいね!やろう!!」←バカ

 

いざわ

「どこで補導される?」

 

友人B

「都会だと家に帰されるかもしれないから。。田舎がいいね」

 

ぼく

「山梨とか岐阜は?」

 

ぼく「オッケー。岐阜いったこと無いから、岐阜にしよう。」

 

良い意味で?お互いバカだったので、週末に岐阜県で補導されに行くことが決定した。

 

 

 

 

行くことが決定したため、どうやって補導されるか作戦を練ることにした。

 

 

作戦1:お金を不足させる。

作戦2:夜中に交番に訪れる。

作戦3:泊めてもらう。

 

 

いたってシンプルな作戦だ。

 

舞台:岐阜県白川郷付近(観光もしたかった)

日時:6月9日〜6月11日

所持金:3350円(バス代が6650円だったため)

集合場所:バスタ新宿に22時

ルール:

1.キャッシュカードを持ってきてはいけない

2.3350円で生きて帰る

 

6月9日:午後10時、富山県高岡駅に向けてバスが出発

 

6月10日:午前6時、到着

午前8時30分、岐阜県に向けてばすが出発。

午前10時30分頃、岐阜県白川郷に到着。しばらくぶらぶら散策。

 

観光費、食事代(昼、夜)でお金を使う。

そして明日の朝ごはん、お風呂代を抜いて残高300円

 

午後6時、宿に移動。今夜の宿は、道の駅。

午後8時、夜中に体力を残しておくため、仮眠。

 

夜は、気温が下がりかなり寒かったので、足、お腹、首、にトイレットペーパーを巻いて寝ました。

 

 

こんな感じ。あまりの寒さになかなか寝つけませんでした。

 

そして

 

 

午後11時、歩いて15分くらいの所にある交番に向かう。

 

午後11時15分、交番に到着。

 

 

 

 

だれもいない。

 

あれ?おかしいな。巡回中か。

 

うんこがしたくなったので、交番のトイレを借りる。

 

 

10分、15分待つけど、現れず。

 

「一回戻ろうか。」と、いうことになり、退散。

 

 

午後2時、再びリベンジ。

 

 

交番に到着し、ドアをあけて再び入るも、気配がない。

 

 

「すいませーん」と、呼びかけるが、返事はなし。

 

「警官どこいってんの?」

 

 

少し、怒りが湧きました。

 

 

睡魔、寒気、ともに限界。

 

10分待って帰って来なかったら、諦めよう。

 

という結論になりました。

 

 

結果

 

 

来ない〜〜〜!!!

 

 

結論:

 

22時、2時、2回交番に行く。

 

しかし駐在さんは不在。

 

 

岐阜県にいって駐在所のトイレ借りてうんこをする。

 

〜END〜

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA