前代未聞の手段で学校に行ってみた。



こんにちは。いざわ(@130Ht)です。

今回は、ぼくが高校2年生だったときの大失態を書こうと思います。

この記事は日記なんですが、時間のある人は読んでね!!!

ない人も!!!

AM4:00 荒川に集合

前人未到の手段で学校に行くとは、いったいなんなのか?

それは。。。

カヌーで川を渡って登校する!

〜なぜこうなったのか ??〜

遡ること3年前。

2014年9月14日、学校帰りの電車内。

 

そこには、もりお友人Aの三人がいた。

もりお:前回の記事にも出てきていいる、『補導される旅』に付き合ってくれた僕の数少ない親友だ。なぜ、もりお、と呼ばれているのかはまた後々。

 

またここで、「もりお」という人物が、2014年9月14日までにいろいろな手段で登校しているということは、共通認識として頭にいれておいて欲しい。

 

徒歩、ランニング、スケボー、ローラースケート。(家から学校まで10km)

 

 

〜電車内での会話〜

 

もりお

「そういえば俺、カヌー買ったんだよね。1万円くらいで買えてさ。

今度ホテルで浮かばせようと思ってるんだ。」

 

「へ〜、そのくらいの値段でかえるんだね」

友人A

「明日カヌーで登校してみれば?笑」

もりお

「お!おもしろそう!いざわ(僕)、やらね?」

「いいよ!」

こんな感じの軽いノリで決まりました。

 

〜回想終了〜

 

次の日の朝4時に荒川の土手に集まろう。ということだけ決めて、その日は解散。

 

そして9月15日の朝4時、二人が荒川の土手に集まる。

家と学校のだいたい半分の距離である、スカイツリーまで進み、カヌーに空気を入れる。いよいよ荒川にカヌーを浮かべ、もりおが乗り込む。こんな感じ。

もりおがカヌーで進む。僕がチャリで荷物を持ち、同じくらいのペースで並走する。という条件で、前代未聞の登校がスタートした。

 

よっしゃ、あとはこのまま進むだけだ!と、思いきや、なかなか進まない。ゆーっくりしか進まないので、僕は先にチャリで学校に行きたかったです。

* This is me.This photo was taken by もりお in the  river.

ゆっくりではありますが、着実に進んでいきました。僕は、荒川をカヌーで登校するのが怖くて、水着を持ってきていませんでした。しかし、もりおが楽しそうに荒川を渡るので、水着持って来れば良かったな〜と、後悔しました。

 

そして開始から1時間くらい経過し、あと学校までどれくらいかな〜。と、Googlemapで、今いる位置と学校の距離を見てみると。

 

『あれ、全然進んでなくね???』と、気づいちゃいました。そんで橋の上から、「もりお〜。このままいくと遅刻するけど、どうする〜?」と、聞きました。そしたら、学校に遅刻して目立つのだけはまづい!!ということになって、急遽作戦変更。

前代未聞の手段で学校に行くことより、学校に遅刻せずに到着することが優先されました。急いでカヌーの空気を抜き、もりおの登校手段はカヌーからペニーに変更。急いで学校まで向かいました。

 

そして、なんとか学校に着いちゃいました。

 

おわり。

 

バイバイ

 

いざわ

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA